• *
  • *

Device

設備

高度歯科医療の提供と
安心できる環境であるために
倉敷市水島のひかり歯科クリニックでは、医療機関として徹底した衛生管理に努め、
こだわりの診療設備を導入し、あらゆる症例に対応できる環境を整備しています。

清潔な環境でなければ、
良い医療は提供できません

一般診療はもちろん、特に外科手術を伴うインプラント治療などは器具の滅菌処理や空気中の細菌感染を防ぐ必要があります。
当院では医院全体で院内感染予防に取り組み、常に安全な環境で診療を行うよう努めています。

  • 滅菌
    診療器具は患者さま毎に
    使用する度、徹底滅菌
    しています
  • 使い捨て
    極力使い捨て可能な
    器材を使用しています
  • 衛生意識
    全スタッフの
    衛生管理に対する
    意識向上に努めています

ご存知ですか!?

消毒、殺菌、滅菌違い
「消毒」とは細菌の感染力を減退させ、問題のない程度にすること。
「殺菌」とは付着する細菌を殺すこと。(程度は完全ではない)
「滅菌」とはあらゆるウイルスや細菌を完全に死滅させること。
ゆえに、滅菌が最も菌に厳しく院内感染予防には効果的と言えます。
菌に最も厳しい滅菌

当院では診療器具を必ず
洗浄、消毒、滅菌しています

院内感染を予防するために

滅菌器を使用して細菌・ウイルスを徹底除去
滅菌器を使用して
細菌・ウイルスを徹底除去
この滅菌器では、診療器具に付着した細菌やウイルスを、「真空状態」と「高圧による蒸気の注入」を繰り返すことで、徹底的に滅菌(死滅)させることができます。細菌やウイルスは目には見えませんが、この滅菌を必ず行い、診療器具を常に清潔な状態に保ちます。
ハンドピースも専用の滅菌器で細部まで滅菌
ハンドピースも専用の
滅菌器で細部まで滅菌
ハンドピースと言う、歯を削ったり磨いたりする際に使用する器具専用の滅菌器です。複雑な構造が多いハンドピースは高圧蒸気が届きづらい部分もありますが、専用機器を使用することで的確に滅菌の効果を発揮します。
歯科先進国でもあるヨーロッパ滅菌基準のクラスSに準拠する優れた滅菌器です。
  • 口腔外バキューム
    口腔外バキューム
    診療時には目に見えないほどの微細な粉塵や水が飛び散ります。瞬時に吸引し、顔にかかったり飲み込むことのないよう、診療空間を常に清潔に保ちます。
  • ハンドピース専用洗浄器
    ハンドピース専用洗浄器
    手洗いでは届かない器具内部までしっかり洗浄するハンドピース専用の器械で、滅菌効果をより高められます。洗浄だけでなく器具のメンテナンスも行えます。

先進設備の導入が、
より高度な歯科医療を可能にします

質の高い治療を実現するには、患者さま一人ひとりの状態を的確に診断する必要があります。
歯科技術の研鑽はもちろん、先進設備を導入することで根拠ある的確な診断を行い、精密な治療を提供してまいります。

より的確な診断を
行うために

歯科用3DCTで歯や顎の骨内部まで把握
歯科用3DCTで
歯や顎の骨内部まで把握
歯科用3DCTでは、歯の状態はもちろん、歯を支える歯茎の中の骨の量や状態、歯根の中の虫歯の進行具合など、3次元で多角的に撮影することができます。これらは、より正確性・安全性が求められるインプラントや矯正治療、重度歯周病、親知らずの抜歯など、高度治療における診断・シュミレーションに欠かせない情報です。
  • 拡大鏡
    拡大鏡
    肉眼での確認が困難な小さな歯の凹凸やひび割れなどを、拡大鏡によって視野を拡大することで的確に判別し、繊細でより丁寧な診療に役立てます。
  • 口腔撮影カメラ
    口腔撮影カメラ
    お口全体をはじめ、顎顔面など周囲とのバランスも確認するために撮影します。データの蓄積により、治療前後の比較はもちろん長期的な管理に役立ちます。
  • 口腔内カメラ
    口腔内カメラ
    手鏡では見にくい所も、口腔内カメラを使用して的確に把握します。 口腔内をモニターに映し出し、患者さま自身にも分かりやすく説明することもできます。

丁寧なカウンセリングを
行うために

分かりやすい説明を可能にするカウンセリングソフト
分かりやすい説明を
可能
にする
カウンセリングソフト
お口の中はご自身では確認しづらく、歯科治療も口頭の説明だけでは分かりづらいこともあります。そこで、写真やアニメーション画像などでお口の現状や歯科治療の内容を、分かりやすく説明することができる専用のソフトを導入しています。当院では、納得・安心した上で治療を進めていくことを大切にしています。分からないことなどありましたら、何でもお気軽にお尋ねください。

患者さまの負担を
軽減するために

電動麻酔注射器で痛みを最小限に和らげる
電動麻酔注射器で
痛みを最小限に和らげる
麻酔時の痛みを和らげるためには、ゆっくり一定スピードで麻酔液を注入する必要があります。この電動麻酔注射器では、コンピューター抑制によって、安定した圧力、一定のスピードで麻酔液の注入を行えるので、麻酔注射時の痛みを大幅に軽減することができます。
より痛みを和らげるために
  • 表面麻酔剤

    表面麻酔剤
    麻酔注射の針を刺す箇所の表面に「表面麻酔剤」を塗ることで患部を麻痺させ、針が刺さる時のチクッとした痛みも和らげます。
  • 極細針の使用

    極細針の使用
    人の手による不安定な注射では使用できなかった極細針も、コンピュータ制御の電動麻酔注射だからこそ使用を可能にします。
万が一の事態に備えてAEDも完備しています
緊急時に迅速に行動ができるよう、院内にAEDを常備し、繰り返しシミュレーションしています。
AED
ページの先頭へ戻る