• *
  • *

矯正歯科

Medical

正しい噛み合わせは
心と体を健やかな毎日へ
導きます
歯並び・咬み合わせのお悩みは、見た目のコンプレックスだけでなく
顎関節や歯周組織、消化器官に負担がかかり、虫歯・歯周病のリスクも高まることで、全身の健康状態へも影響します。
倉敷の歯医者ひかり歯科クリニックでは、一人ひとりのライフスタイルに合わせた治療プランをご提案し、
笑顔の輝く健やかな生活をサポートいたします。

歯並びでのお悩みはありませんか?

  • *

    デコボコ
    している

  • *

    口が
    閉まらない

  • *

    出っ歯
    悩んでいる

  • *

    受け口
    気になる

  • *

    噛み合わせ
    が深い

  • *

    すきっ歯
    治したい

悪い歯並びはこのような影響を
及ぼします

  • 歯への影響
    むし歯や歯周病などの病気になりやすい
    歯並びが悪いと、歯と歯の間の細かい隙間に汚れが溜まりやすく、デコボコで歯磨きがしにくくなりお口の病気にかかるリスクが上がります。矯正治療をすることで歯並びを改善させれば、歯磨きの効率が上がり、虫歯や歯周病を予防することにつながります。
    他の歯科治療の効率が下がってしまう
    歯並びや噛み合わせが悪いことで、一般的な歯科治療の際に患部を確認しづらい・治療器具が使えないなどのトラブルが発生することがあります。歯並びの改善により、治療効率を向上させ、治療回数を減らすことでお体や費用の負担を軽くすることができます。
  • 身体への影響
    全身の健康に影響することも
    噛み合わせが悪いことから十分に噛まないまま食べ物を飲み込むことが増え、消化器官に余分な負担がかかってしまうことがあります。全身のバランスが崩れ、歯並びとは関係ないと思っていた肩こりや頭痛などの思ってもみない身体の不調に繋がることも。
    発育・成長を妨げる原因になる
    正しい噛み合わせができないまま成長期を迎えると、骨はもちろん咀嚼機能(噛むこと)の成長が不十分になる危険性があります。筋肉や脳への刺激も不足し、さらにはよく噛めないことで栄養分を上手に取り込めなくなってしまい、全身の成長を妨げる原因になります。
  • 心への影響
    発音のしづらさから会話へのストレスが生じる
    歯並びは発音・発語に影響することがあります。滑舌が悪くなりコミュニケーションを上手くとれないことから、会話などに不安やためらいを感じるようになり、ストレスを抱えてしまうこともあります。
    外見のコンプレックスが精神的な負担になる
    見た目の悪さから周囲の目を気にして、人前で笑ったりすすんで発言したりしづらくなることで、消極的な傾向になってしまうこともあります。

子どもの矯正治療

*

一人ひとりに合わせた治療プランで
発育をサポート
成長過程の子どもの矯正治療は、治療方法の幅も広いためとても効率が良く、本人にかかる負担だけでなく、治療にかかる費用も軽減できます。
小児矯正治療は歯の生え変わりを目安に、第一期矯正治療(初期治療)と第二期矯正治療(本格治療)の2段階に分けられます。
治療方法や治療に必要な期間は、お子さまの年齢やお口の状態によって個人差があり、第一期治療だけで完了する場合もあります。当院では口腔内の状態をしっかりと確認し、一人ひとりに合わせた治療プランを提案させていただきます。お子さまの歯並びで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
  • 第一期矯正治療
    5〜12才頃

    混合歯列期と呼ばれる乳歯と永久歯が混ざった時期に行う治療です。歯列の幅を広げたり顎の成長を促進・抑制することもでき、土台からしっかりと歯並びを整えることができる顎顔面矯正などの、成長段階ならではの治療方法が可能です。また、矯正装置も取り外し可能なものが多いため、痛みや見た目の問題も軽減することができます。

  • 第二期矯正治療
    12才頃〜成人

    永久歯が生え揃う時期や、それ以降を目安に開始する治療です。基本的に大人と変わらない治療方法で、第二期矯正治療には年齢の制限はありません。歯や身体へかかる負担や治療費用を軽減できることから、なるべく早い段階からの治療開始をおすすめしています。
    美しい歯並びと、しっかり噛める口元を整えます。

小児矯正治療で使用する
主な装置
  • *

    顎顔面矯正
    ワイヤーを使って歯を移動させたり、顎の大きさを広げることによりスペースを確保し土台作りをすることで歯並びとお顔立ちを整える矯正方法で、当院が第一期治療のメインとして採用している矯正装置です。柔らかい食べ物が増えたことで不完全になりがちな顎の発育をバランスよく促進し、口呼吸を解消しながら歯並びを整えていきます。
    従来のワイヤー矯正装置と比較すると目立たずに治療することができ、痛みも少ないです。
  • *

    歯列矯正用咬合誘導装置
    (プレオルソ)
    自由に取り外すことのできる、比較的痛みの少ないマウスピース式の矯正装置です。矯正と同時にお口周辺の筋トレーニングを行うことで、「口呼吸」「噛み締め」などの歯並びを悪くする癖を改善し噛み合わせを安定させるので、治療後も後戻りしにくくなります。
    日中1時間以上と就寝中だけ装着するので、小さなお子様でも始めやすい矯正治療です。

大人の矯正治療

*

矯正治療は大人になってからでも
始められます
矯正治療を成長期のうちに行うと、治療方法の幅も広く費用も抑えられるなど、メリットがたくさんあります。では、成人した今からの矯正治療では手遅れなのか?というと、決してそうではありません。
正しい歯並びは外見のコンプレックスを解消するだけでなく、歯磨きがしやすくなるためむし歯・歯周病の予防にも繋がります。噛み合わせが改善することで、全身のバランスが整い、長年悩んでいた頭痛や肩こりが改善されるということもあります。
健康的な歯並びに自信を持つことで、明るい笑顔で毎日を過ごすことができるようになります。
成人矯正治療で使用する
主な装置
  • *

    クリアコレクト
    (マウスピース矯正)
    透明で目立たないことから近年人気のマウスピース式の矯正装置です。
    精密な光学スキャンで歯型を読み取って、カスタムメイドのマウスピースをつくります。段階に合わせて装置を交換して徐々に歯並びを整えるため、痛みも少なく、ご自身で取り外しができるためケアも簡単で衛生的です。
    ワイヤー矯正に抵抗があり、今まで矯正治療を諦めていた方におすすめの治療法です。

Medical

ページの先頭へ戻る