• *
  • *

インプラント

Medical

歯を失ってしまっても
健康で快適な生活を
食事が楽しめない、口元が気になって笑えない、発音しづらい、老けて見える…。
歯を失ってしまうとさまざまな悩みやトラブルを抱えることになります。
倉敷の歯医者ひかり歯科クリニックでは、
大学病院での経験により培った知識・技術を駆使した
専門性の高いインプラント治療により、これらの問題を解決いたします。

インプラント治療とは

*

自身の歯のような見た目・噛み心地の
「第二の永久歯」
失った歯を補うための数ある治療法の中で、唯一、他の歯に負担をかけない治療法がこのインプラント治療です。
歯を失ってしまった部分のあごの骨に、「インプラント」と呼ばれる小さなネジを埋め込み、土台と人工歯を装着します。この埋め込んだインプラントが骨としっかり結合し、歯の根の役割をすることで天然歯とほぼ変わらない見た目と噛み心地を取り戻すことができるため、周囲からの視線が気になることなく、歯を失う前と同じように食事を楽しんでいただけます。

当院が行う
安心のインプラントシステム

*

世界トップシェアのインプラントを使用しています
ひかり歯科クリニックでは世界トップシェアのメーカー二つを、症例や患者さまに合わせて使い分けています。
スイスの精密技術と豊富な臨床データを基盤としたストローマン社のインプラントは骨との結合力が強く、審美性と耐久性に優れた設計、生体適合性の高いグレード4の純チタン製で、安全性にも優れています。
スウェーデンのブローネマルク博士が世界ではじめて開発し、40年以上の歴史を持っているノーベルバイオケア社のインプラントは、現在では世界で200万人以上の方が使っています。口腔内の狭い日本人にも最適です。

サージカルガイドで
インプラント治療を
より正確、安全に

*

サージカルガイドとは、事前の検査結果・シミュレーションによって導き出された”最適なインプラント埋入”をアシストする、マウスピースのような器具です。
これにより神経や血管を傷つける心配なく、シミュレーション通りの埋入位置・角度・深度を実現できます。より安心・安全なインプラント埋入手術はもちろん、術後のトラブル防止にも貢献します。

ブリッジ・入れ歯との比較

*

一人ひとりのお口に合った、最適な治療法を
従来、部分的に歯を失ってしまった場合の治療法には、「ブリッジ」もしくは「入れ歯」が一般的でした。しかし周囲の健康な歯を削る必要があったり、噛み心地や見た目における悩みを抱える方も少なくありませんでした。「インプラント治療」はその欠点を補い、周囲の健康な歯を削ることなく、天然歯に近い噛み心地と見た目を取り戻せる新たな選択肢として浸透してきました。
当院では患者さまのお口やお身体の健康状態、ご希望に合わせて最適な治療法をご提案いたします。ますはお気軽にご相談ください。
  • インプラント
    *
    • merit
      • 自分の歯と同様の快適な噛み心地。
      • 健康な歯を削る必要がないので自分の歯を多く残せる。
      • 天然歯とほとんど変わらない見た目で不自然さがない。
    • merit
      • インプラント埋入手術が必要。
      • 保険適用外なので、治療費が高額になることがある。
      • 比較的、治療に時間がかかる。
  • 入れ歯
    *
    • merit
      • 比較的治療が簡単で、治療期間が短い。
      • 保険診療のものであれば比較的安価。
      • 自由診療の材質次第で目立たない自然な入れ歯もできる。
    • merit
      • 硬いものが食べづらい。
      • 食べ物が入れ歯に挟まって虫歯のリスクが高くなる。
      • 部分入れ歯は留め具をかける歯に負担が大きく寿命が短くなり、かつ見た目が気になることもある。
  • ブリッジ
    *
    • merit
      • 固定されるため違和感が少ない。
      • 自由診療の材質次第できれいな見た目のものが作れる。
      • 治療期間が短い。
      • 保険診療のものであれば比較的安価。
    • merit
      • 周りの健康な歯を削ることになる。
      • 支えになる歯の負担が大きく、寿命が短くなる。
      • 食べ物が歯肉との間に挟まると虫歯のリスクが高くなる。

インプラント治療の流れ

  • *
    カウンセリング
    ひかり歯科クリニックでは、治療前にしっかりとカウンセリングを行います。
    歯を失ってしまった原因や患者さまの生活習慣、インプラント治療にどのような回復を求めているか、ご要望や疑問な点など詳しくお聞かせください。
    1
  • *
    精密な検査
    歯科用CTやレントゲン、口腔写真の撮影や血液検査など、安全に治療を行うために各種検査をしていきます。高性能な設備で精密に検査をすることで、お口やあご、お身体の状態を正確に確認・把握していきます。
    ※検査結果によりインプラント治療が適さないと判断する場合もございます。まずはご相談ください。
    2
  • *
    診断に基づく治療計画を立案
    検査結果に基づいた診断と、治療計画をご提案いたします。
    必要なインプラントの本数、費用、期間など、丁寧にわかりやすくご説明いたします。当院ではインフォームドコンセント(説明と同意)を徹底していますので、不明点や不安な点もお気軽にご相談ください。治療計画にご理解・ご納得いただき、十分にご検討いただいてから治療をスタートしていきます。
    3
  • *
    安全に手術を行うための前処置
    必要に応じて、インプラント治療の前に口腔内の環境を整えます。
    むし歯や歯周病があれば治療をし、あごの骨が少ない場合は骨の再生治療を行うなど、より安全にインプラント治療を行える口腔環境へ改善していきます。
    4
  • *
    インプラント埋入手術
    確実、安全にインプラントの埋入手術が行えるよう、歯科用CTを使って事前に適切な位置をシミュレーションします。その情報を元に設計したサージカルガイドを使用し、正確にインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋入していきます。通常、局所麻酔をして手術を行うので、痛みを感じることはほぼありません。
    手術の翌日以降から普段と変わらない生活を送っていただけます。

    お口や体の状態によっては、手術を2回に分けることもあります(2回法)。1回目の手術(一次手術)でインプラント体を埋入し、骨と結合させる治癒期間を設けます。2回目の手術(二次手術)でインプラントを埋め込んだ位置を切開し、アバットメント(土台)を装着します。

    2回法
    5
  • 治癒期間
    埋め込んだインプラントとあごの骨が結合するのを待つ期間です。平均で2〜6ヶ月程度ですが、患者さまの年齢、健康状態、体質、骨の質や埋め込んだ場所(上顎・下顎)で期間は異なります。この期間中は普通の食生活を送っていただけます。
    また、仮歯を利用することもできますので、気になることがあればご相談ください。
    6
  • *
    上部構造の製作
    インプラントが骨と結合したら、上部構造(人工歯)となる被せ物を作るために型採りを行います。型採り後1〜2週間ほどで上部構造が出来上がるので、一度装着し、様子を見ながら噛み合わせを調整していきます。
    7
  • *
    メインテナンス
    手術後もインプラントを長く快適に使用するために、メインテナンスはとても重要です。毎日の歯磨きなどご自宅でのケアはもちろん、歯科医院にて口腔内チェックやプロのクリーニングを受け、お口の中を清潔に保ちましょう。
    汚れがたまってしまうと歯周病と同じ状態(インプラント歯周炎)になってしまい、せっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうなどのトラブルに繋がる可能性もあります。
    治療後のお口の健康を維持するためにも、3ヶ月〜半年に1回はぜひ定期健診にお越しください。
    8

Medical

ページの先頭へ戻る